院長コラム 大阪府門真市の胃腸科・内視鏡内科・肛門外科 医療法人秀裕会『かんやまクリニック』

院長コラム
Column

ホーム > 院長コラム > メタボリックシンドローム

10月5日(火曜) メタボリックシンドローム

みなさま、こんにちは。
今回はわたくし事務のHが担当いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

メタボリックシンドローム

今月のテーマはメタボリックシンドロームです。 メタボリックシンドロームとは内臓脂肪型肥満に高血糖や高血圧や高脂血症などが合併した状態をいいます。
お腹回りで言いますと、
男性は85㎝以上、女性は90㎝以上が
内臓脂肪型肥満の目安となっています。

なぜメタボリックシンドロームが注目されているかといいますと、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクがあがってしまうからです。

今は症状がなくても、このまま10年たったらどうでしょうか。
動脈硬化がすすみ、とりかえしのつかない事態もおこりえますので、今のうちから対策をたてましょう。 まずは、検診を受けて今の自分の状態をチェックです。
もしメタボっぽかったら、あるいはしっかりメタボだったら・・・(院長もあやしい)
早速規則正しい生活習慣と食習慣をこころがけましょう。
そしてしっかり睡眠をとり、運動するようにしましょう。
ちなみに主婦の立場から私が家の食事できをつけているのは

  • お肉を食べすぎない。食べる時にはゆでる、蒸すなどして余分な脂を落とす
  • 夜遅くに食事をとらない
  • 食物繊維を多くする
の3点です。いろいろ言ってもなかなか実行できないですから、毎日実行できる目標をたてましょう。(無理なダイエットなどしないように。)
当院でも特定健診を実施しています。お気軽にご予約、お問い合わせ下さい。

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン